XREAで「独自ドメインのWordPressブログ」を始める方法

更新:

無料レンタルサーバーのXREAでは、XREAのサブドメイン「アカウント名.サーバー名.xrea.com」を利用することで完全無料でウェブサイトの公開を行うことができますが、独自ドメインを取得してXREAを利用することも可能です。

ウェブサイト公開にかかる金額はドメイン料金のみになり、1年ごとに使用料金が掛かります。

ウェブサイトに必要な金額 = XREA(無料) + ドメイン料金

独自ドメインでの公開にすることで、ウェブサイトのSSL化とメールアドレスの作成ができるようになります。

公開するドメインの違い
独自ドメイン XREAのサブドメイン
利点 ・SSL対応
・メールアドレスが作れる
・ドメインを変えずに移転できる
無料
欠点 有料 ・SSL非対応
・移転にドメイン変更を伴う

この記事は、独自ドメインを取得してXREAを利用する「XREAで「独自ドメインのWordPressブログ」を始める方法」です。

XREAのサブドメインを使う「(完全無料)XREAでWordPressブログを始める方法」と別の記事にしています。

バリュードメインのユーザー登録

XREAを使うには、バリュードメインのユーザー登録が必要です。

そのときに、GMO ID も同時に申し込みましょう。GMO ID を使って貯まる GMO ポイントは1ポイント(=1円)からバリュードメインのサーバー代やドメイン取得費に使えます。

gmo id

XREAアカウントの取得

バリュードメインのウェブサイトへログインして、XREAサーバーのページへ進みます。

バリュードメイン > サーバー > XREA

xrea

「XREAの新規アカウントを作成」をクリックして、XREAのアカウント作成へ進みます。

XREA(無料)を取得 > XREAアカウントの取得・作成

account-xrea

希望のアカウント名を入力して、サーバーを選び、ページ下部にある「登録」をクリックします。サーバーは固定されていて選択できない場合もあります。

選択した「s1001.xrea.com 等のサーバー名(サーバー番号)は、あとでドメインのDNS設定をおこなうときに必要になるので覚えておいてください。バリュードメインのXREAのページでも確認することができます。

現在、XREAのアカウントを取得すると『XREA Freeに.shopドメインがついてくる!キャンペーン』によって.shopドメインを1年間無料で使えますが、2年目以降は更新料 3,980円(税抜)が掛かります。

ただし、.shopドメインの自動更新は「しない」に設定されているため、自主的に更新しなければ1年後に契約が終わり、ドメイン使用料を請求されることはありません。

独自ドメインの取得

独自ドメインの取得はバリュードメインで行います。

独自ドメインは現在使われていない文字列であれば自由に取得できます。基本的には半角英数字ですが、日本語に対応しているドメインもあります。

この記事は、バリュードメインでドメイン取得をしていますが、他のドメイン登録業者で取得したドメインでもXREAを使うことができます。

他社登録のドメインを利用する場合は「バリュードメイン以外で取得した独自ドメインをコアサーバーで利用する設定方法」を参考にしてください。

バリュードメインのトップページにあるドメイン検索ボックスに希望するドメイン名を入力して、「🔍空きドメイン検索」をクリック。

空きドメイン検索

この記事では「landscapes」という文字列を取得しています。「landscape」では取得できる種類が少なかったので複数形にしてみました。

検索結果で取得できるドメイン(現在使われていないドメイン)には購入ボタンが付きます

取得したいドメインの「購入」ボタンをクリックします。

一番下の「空きドメインを一括登録」は、検索した文字列で購入可能なドメインすべてを取得するボタンです。あまり使われることはないように思うのですが、企業名などで可能な限り取得しておきたい場合もあるのかもしれません。

購入ボタンを押すと、ドメインの内容確認と公開情報のページに進みます。

初期状態では、バリュードメインに登録した本人の情報が表示されています。

WHOIS 情報公開

ドメインの登録者情報は WHOIS(ドメイン登録者などに関する情報を公開するサービス)により公開される決まりになっています。

しかしながら、個人情報保護のためドメインの名義を管理会社などが代理で公開することが認められています。バリュードメインでは代理公開を申し込めば、バリュードメイン名義で情報公開することが可能です。

本名や住所を公開したい特別な理由がなければ、代理公開にすることをおすすめします。バリュードメインの代理公開手続きは無料でおこなえます。

なお、一部、代理公開(代行)が認められていないドメインもあります。詳しくは、バリュードメインの取扱ドメイン一覧で WHOIS代行を確認してください。

公開する名義をバリュードメインにするには「弊社の代理名義にする」をクリックします。

公開情報がバリュードメインの情報に書き換わったことを確認しておきましょう。

ドメイン取得

取得しようとしているドメインの最終確認をします。

ドメインを登録」をクリック。

以上で、独自ドメインの取得が完了しました。

ドメインの DNS 設定

取得したばかりの独自ドメインは、その独自ドメインの URL にアクセスしてもどこにも繋がりません。初めに、その独自ドメインと利用するサーバーを連携させる設定が必要になります。

バリュードメインのサイトで設定をおこないます。

ドメイン > ドメインの設定操作のページへ。

設定をおこなう独自ドメインの「DNS/URL」をクリック。

DNS 設定で、利用するサーバーを登録します。

自動DNS設定のプルダウンメニューから利用するサーバーを選んで、「保存」をクリック。

サーバー名は、XREA のアカウントが「XREAアカウント名.s1001.xrea.com」の場合は、「s1001.xrea.com」がサーバー名になります。

バリュードメインの各サーバーはプルダウンメニューから選択できるようになっていて、XREA のサーバーは最後の方に出てきます。

プルダウンメニューが長い!

サーバーを選ぶと設定が自動で書き込まれます。その後「保存」をクリック

利用していないサーバーを選ぶと、サイトが表示されないので選び間違いに注意してください。間違っているかもしれないときはやり直せば大丈夫です。

以上で、ドメインの DNS 設定は完了です。この設定で独自ドメインとレンタルサーバーが紐付けされるようになります。

XREAでの独自ドメインの設定

バリュードメインのXREAのページへ戻ります。

アカウント@サーバーの新コントロールパネルから設定をおこないます。

new-account-xrea

ドメイン設定

ドメイン設定 > ドメイン一覧 > 「ドメインの新規作成」をクリック。

取得したドメイン名を入力して、「ドメイン設定を新規作成する」をクリック。

独自ドメインの設定が完了しました。

ドメインの作成が上手くいかないときは、しばらく時間をおいてから再度おこないます。

サブドメインの作成

サブドメイン作成時にも、ドメイン設定の新規作成にサブドメイン名を入力します。
例:sub001.独自ドメイン(「sub001」は任意)

解説例の独自ドメインだと、sub001.landscapes.tokyo となります。

詳しくは「コアサーバーでのサブドメインの作り方」を参考にしてください。

ここまでのドメイン設定で、独自ドメインがサーバーで使えるようになりました。次は、独自ドメインで開設するサイトの設定をおこないます。

サイト設定

サイト設定 > 「サイト設定の新規作成」をクリック。

ドメイン名のプルダウンメニューから独自ドメインを選びます。

ドメイン設定をおこなっていないドメインは、プルダウンメニューに表示されません。

サイト設定を新規作成する」をクリック。

サイト設定の新規作成が上手くいかないときは、しばらく時間をおいてから再度おこないます。

サイト設定が完了しました。

この時点で、サーバー上に独自ドメインのディレクトリが作成されています。

MySQLの設置

WordPressのインストールの前に MySQLデータベースを設置しておきましょう。

データベース > MySQL > 「データベースの新規作成」をクリック。

データベースの新規作成

任意のパスワードを入力して、「データベースを新規作成する」をクリック。

データベースを新規作成する

ここまでで、WordPressに必要な MySQLデータベースの準備ができました。

WordPress のインストール

サイト設定 > 独自ドメイン > ツール >「WordPress」をクリック。

サイト:に独自ドメインが選択されているのを確認して、「CMSインストール」をクリック。

独自ドメインを選ぶと、インストールパスが、/public_html/独自ドメイン/ になります。ドメイン名の最後に「/」を打ちます。ドメイン名だけでも大丈夫ですが、✓が付かないとインストールできません。

5分ほど待ってから、http://独自ドメイン へアクセスします。すでに、SSL設定にしているときは、https://独自ドメイン へアクセスしてください。

さあ、始めましょう!をクリックして、MySQLの接続情報を WordPress に入力します。

さあ、始めましょう!

MySQL の情報は、データベース の DB接続情報 で確認できます。

MySQL の情報を入力したら「送信」をクリック、次の画面でインストール実行をクリックします。

ここまでで WordPress のインストールは完了して、WordPress を使えるようになりました。引き続き、ブログの基本設定をおこないましょう。

WordPress ブログの設定

サイトのタイトルなどを入力します。

「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れると、Googleなどにブログ情報を収集されないようになります。あとからWordPressの設定でも変更可能です。

すべて入力が終わったら「WordPress をインストール」をクリックします。

ログイン画面

ログイン

「パスワードをお忘れですか ?」の下にある「← サイトタイトル に戻る」をクリックすると、ログインせずにブログが開きます。

ログインすると、WordPressに入ります。

以上で、XREAのWordPressの設置が終わりました。

関連記事