サイト設定で表示される「Main」と「Sub」の意味

更新:

サイト名についている「Main」と「Sub」

main sub

「Main」と「Sub」はコアサーバーのマルチドメインを管理するためのディレクトリの違いを表しています。ディレクトリとは、サーバー内のスペースを区切ったもので、パソコンのファイル管理に用いるフォルダと同じです。

マルチドメインを管理するのためのディレクトリとは、コアサーバーのアカウントスペースの中にあるpublic_htmlディレクトリのことですが、それを説明するためにアカウントスペース全体のディレクトリの説明から始めます。

コアサーバーのディレクトリ

コアサーバーでアカウントを作るとサーバー内にスペースが割り当てられ、そのスペース内には役割に合わせていくつかのディレクトリがあります。

ディレクトリをフォルダで表した図

user-root
public_html
インターネットに公開するデータを入れておく
Maildir
電子メールのデータが入る(直接内容を読むことは不可)
log
サイトへのアクセス記録が入る
_db_dump
WordPressのデータベースのバックアップが入る

「public_html」ディレクトリ

このディレクトリにデータを置くとインターネットに公開されます(ネット経由でアクセスできるデータになる)。

サイト設定の「新規サイト設定の作成」をおこなうと、そのドメイン専用のディレクトリが「public_html」ディレクトリ内に作成されます。

example.comというドメインでサイト設定をおこなうと「example.com」という名前のディレクトリが作成されます。

ドメイン専用のディレクトリを作成することで、複数のドメイン(ウェブサイト)の管理を1つのサーバーアカウントでおこなうことができるわけです。

.fast-cgi-bin, log は元からあるサーバー関係のディレクトリ

public_html/

public_htmlディレクトリを管理するドメイン(コアサーバーのアカウント:user.xxx.coreserver.jp)をMainとし、それ以外のドメインをSubとするルールです。

サイト設定の「Main」と「Sub」について

public_htmlにデータを置くと、Mainに設定したドメインでの公開になり、public_html内に作成されたディレクトリにデータを置くとそれに対応したドメインでの公開になります。

public_html全体をコアサーバーのアカウント(user.xxx.coreserver.jp)で管理します。つまり、user.xxx.coreserver.jpのURLで公開するものはpublic_htmlにデータを置いておくということになりますが、後述する理由でこのドメインで公開する利点はありません。

ちなみに、「Sub」とサブドメインは、言葉が似ていて紛らわしいですがまったく関係ありません。「Main」は管理用ドメイン、「Sub」は公開用ドメインと覚えておきましょう。

XREAの場合

無料レンタルサーバーのXREAでは、XREAアカウントの(user.xxx.xrea.com)を 「Main」に設定する(public_htmlに設定する)と、ドメイン代が掛かることなく完全無料のウェブサイトの公開ができます。

なお、コアサーバーのアカウント(user.xxx.coreserver.jp)でも公開可能ですが、コアサーバーなら無料で使えるコアサーバー提供のサブドメインがあり、public_htmlに設定したドメインにはSSL設定もできないので、アカウントのドメインで公開する意味はありません。

関連記事