サブドメインの作り方

公開:

独自ドメインを元にサブドメインを何個でも作ることができます。

独自ドメインが「example.com」であれば、以下のように自由にサブドメインを作れます。sub1.などの「文字列.」の部分は自由に決めることができます。

  • sub1.example.com
  • sub2.example.com
  • sub3.example.com
  • sub4.example.com

サブドメインの設定可能数は CORE-MINI プランのみ「ドメインとサブドメインを合わせて 50 個まで」制限あり、CORE-A, CORE-B, CORE-C プランでは無制限で作成可能。

コアサーバーのプラン別 ドメイン設置可能数
CORE-MINI CORE-A CORE-B CORE-C
50 個 無制限 無制限 無制限

サブドメインの作り方

ドメイン設定ページでサブドメインを作成することができます。

バリュードメインのコアサーバーの管理・購入ページから新コントロールパネルへ進むか、直接コアサーバーの管理サイトへログインします。

バリュードメインのコアサーバー管理ページ

サブドメインの作成はドメイン設定 > ドメイン設定の新規作成をクリック。

ドメイン設定の新規作成

ドメイン名の入力欄に「設定したいサブドメイン」を直接入力します。

設定したいサブドメインを入力

入力が終わったら「ドメイン設定を新規作成する」をクリックして、サブドメインの設定が完了です。

コアサーバー提供のサブドメインの作り方

独自ドメインのサブドメインを作る以外に、コアサーバー提供のドメインでサブドメインを作る方法もあります。

コアサーバーでは 10 個のドメインがサブドメイン作成用に準備されています。

coresv.com / coresv.net / bex.jp / geo.jp / awe.jp / gob.jp / ebb.jp / bulog.jp / weblog.am / weblog.tc / weblog.vc / sphere.sc / cms.am

コアサーバー提供のドメインを利用してサブドメインを作るには、ドメインの新規作成画面で、ドメイン名の入力欄下にある「サブドメインを使う」をクリックします。

コアサーバー提供のサブドメインを作成

設定したいサブドメイン名を入力して、使いたいドメインを選びましょう。

サブドメイン名を入力

新規作成に失敗する場合は、すでに取得されているサブドメイン名です。サブドメイン名を変更するか、ドメインを選びなおして再度作成を試みてください。

サブドメインの使いみち

サブドメインはひとつの独立したドメインとして設定されます。独自ドメインで作るウェブサイトとは別のウェブサイトを作るときに便利です。

ウェブサイトをたくさん作ることができる

ウェブサイトごとにドメインを取得するとドメインの個数分のお金が掛かりますが、サブドメインをいくつ作成してもドメインの更新料は1つのドメイン代で済むのでたいへん安上がりです。

テスト運用として

新しいWordPressブログを公開する前、あるいはリニューアル前に、いくつかのサブドメインで作ったサイトを使ってテーマデザインなどの比較検討をすることができます。

新しいテーマやプラグインの動作確認もサブドメインのテストサイトでおこなえば、もしトラブルが起こったとしても安全です。安定して動作することが確認できてから稼働中のウェブサイトに導入することができます。

テスト目的の、自分自身で見る以外には公開したくないウェブサイトは、ベーシック認証によるパスワード制限を掛けておきましょう。

コアサーバーの試用に

試用のために独自ドメインを用意しなくても、コアサーバー提供のドメインを使ってウェブサイトを作ることができます。

関連記事