バリュードメイン以外で取得した独自ドメインをコアサーバーで利用する設定方法

公開:

独自ドメインは、お名前.com、ムームードメイン、スタードメインなどバリュードメイン以外で取得・管理しているものでも、コアサーバーで使うことができます。

バリュードメイン以外で独自ドメインを取得して、コアサーバーを利用する流れは下図のようになります。

ドメイン取得からコアサーバー利用の流れ

バリュードメインのネームサーバーを確認する

ここでは例として「お名前.com」で取得した独自ドメインをコアサーバーで使うための設定方法を説明します。

まず初めに、ドメイン管理会社のネームサーバー設定で、独自ドメインが利用するレンタルサーバーを指定します。設定するネームサーバー名は、利用するレンタルサーバー会社に情報があります。

バリュードメインのレンタルサーバー(コアサーバー、XREA、バリューサーバー)を利用するためのネームサーバー名は、VALUE-DOMAIN ユーザーガイドの「ネームサーバーの設定の 5.」に記載されています。

プライマリネームサーバー NS1.VALUE-DOMAIN.COM
セカンダリネームサーバー NS2.VALUE-DOMAIN.COM
NS3.VALUE-DOMAIN.COM
NS4.VALUE-DOMAIN.COM
NS5.VALUE-DOMAIN.COM

「お名前.com」でネームサーバーを変更する

お名前.com Naviログイン > ドメイン一覧 > ドメイン名をクリック > ネームサーバー情報の変更 > 他のネームサーバーを利用 > ネームサーバー情報を入力

ネームサーバーの情報欄に、バリュードメイン指定のネームサーバー名を入力して変更します。

「お名前.com」のネームサーバー変更ページ

すでに独自ドメインで運用しているウェブサイトがあるときにネームサーバーを変更すると、ネームサーバー情報が更新される数時間〜72時間後に運用中のウェブサイトが閲覧できなくなるので注意しましょう。

ここまでで、独自ドメインをバリュードメインの各サーバーで利用するための準備ができました。

引き続き、バリュードメインに移動して「ドメインのDNS設定」の設定をおこないます。

登録した独自ドメインのDNS設定

バリュードメインログインして、ドメインのDNS設定のページへ進みます。

無料ネームサーバー > ドメインのDNS設定

バリュードメインの移動メニュー

利用するサーバーを設定します。これは、バリュードメイン取得の独自ドメインの「DNS/URL設定」と同じ内容です。

利用するサーバーを指定する

ここまでで、バリュードメインでの設定は終わりです。

引き続き、コアサーバーでの設定になります。

コアサーバーで「ドメインの新規設定」

ドメイン設定 > ドメインの新規設定でドメイン名に独自ドメインを入力して、「ドメイン設定を新規作成する」をクリックします。

ドメイン設定の新規作成

コアサーバーで「サイト設定」

サイト設定 > サイト設定の新規設定 で独自ドメインのサイト設定を作成します。

サイト設定の新規設定

「無料SSLを設定するにはドメインのAレコードが設定するIPアドレスに向いている必要があります」というのは、ネームサーバーの情報更新完了までに数時間〜72時間ほどかかるので、それまでは無料SSLを設定できないということです。

しばらく待ってから無料SSLの設定をおこなうか、WordPressのインストールなどの準備をして(時間が経過して)ネームサーバーの情報が書き換わってから、無料SSLを設定しましょう。

ただし、WordPressのインストール後に無料SSLの設定をおこなった場合は、WordPressのダッシュボード > 設定 > 一般設定で、「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」の http:// を https:// へ変更する必要があります。