独自ドメインを取得してコアサーバーへ登録する

公開:

この記事から、独自ドメインの取得から WordPressのインストールまでを3つの手順に区切って説明していきます。

  1. 独自ドメインを取得してコアサーバーへ登録する〔現在のページ〕
  2. サイト設定でウェブサイトの準備をする
  3. WordPressをインストールする

バリュードメインとコアサーバーの作業手順

サイト開設への手順

独自ドメインの取得

どのドメイン取得業者で取得・管理しているドメインでもコアサーバーで使うことができますが、この記事ではバリュードメインで取得して説明しています。

バリュードメインでドメインを取得した場合と他社で取得した場合では必要な設定が一部異なります。他社取得の場合は「バリュードメイン以外で取得した独自ドメインをコアサーバーで利用する設定方法」を参考にしてください。

新しくドメインを取得するには、バリュードメインのトップページにあるドメイン検索ボックスに取得したいドメインの文字列を入力して、🔍空きドメイン検索をおこないます。

取得希望ドメインの検索

検索結果で取得可能なドメインには 購入 ボタンが表示されます。

ドメイン検索結果

希望する文字列で購入できないときは、ドメインの種類を変えるか、文字列を工夫しましょう。

表示されている以外のドメインの種類で調べたいときは、表示の種類を全表示などにして検索してください。

取得したいドメインが決まったら、購入ボタンをクリックして、購入確認のページへ進みます。

ドメイン取得後は取り消し(返金)できないので、ドメインの文字列とドメインの種類が間違っていないかよく確認しましょう。

ほしいドメインが奇跡的に空いてた!とおもったら綴り間違いだったりすると悲しいですよ……。

WHOIS情報について

ドメイン登録者の情報(WHOIS情報)は公開される決まりになっていますが、一部のドメインを除いてバリュードメイン名義での代理公開(WHOIS代行)ができます。後からでも変更できるので、積極的に公開する理由がないときは代理公開を選びましょう。

ドメイン登録の確認画面

取得するドメインに間違いがないことを確かめてから、「弊社の代理名義にする」をクリックして、「ドメインを登録」をクリック。

代理名義にするボタン

以上で、ドメイン取得完了です。次は、ドメインを使うための設定をおこないます。

ドメインのDNS設定

バリュードメインのガイドメニュー

バリュードメインのメニューから、ドメインの設定操作のページへ進みます。

このページで、バリュードメインで取得/登録されているドメインの情報管理をおこなうことができます。

取得したドメインの DNS/URL ボタンをクリックして、そのドメインが利用するサーバーを登録します。

ドメインの設定操作画面

サーバー番号を「当サービス内サーバーの自動DNS設定」のプルダウンメニューから選んで、「保存」をクリックします。

DNS設定の画面

当サービス内サーバーとは、コアサーバー、バリューサーバー、XREAサーバーで、これらのサーバーはこのページで設定をおこないます。

なお、独自ドメインをバリュードメインで取得して、コアサーバーを使用する場合は、ネームサーバーの設定は不要ですが、バリュードメインで取得後に他社サーバーで利用していたドメインは、ネームサーバーの再設定が必要です。

バリュードメインのメニューから、コアサーバーのページへ進みます。

バリュードメインのガイドメニュー

次は、コアサーバーのコントロールパネルへ進みます。「新コントロールパネル」をクリックすると、コアサーバーの設定をおこなう管理サイトへログインできます。

バリュードメインのコアサーバーページ

コアサーバーのドメイン設定

左端のリストから「ドメイン設定」を選び、ドメイン一覧ページの右端上にある「ドメイン設定の新規作成」をクリックします。

ドメイン一覧ページ

ドメイン名の空欄に、取得したドメイン名を入力して、「ドメイン設定を新規作成する」をクリック。

登録するドメインの入力ページ

なお、欄外の「サブドメインを使う」はコアサーバー提供のドメインでサブドメインを作る場合のリンクです。

ドメイン設定の完了

ここまでで、取得したドメインをコアサーバーで利用する準備ができました。

ウェブサイトを作るには「サイト設定でウェブサイトの準備をする」へ、メールアドレスを作るには「メールアドレスの新規作成」へ進みます。

関連記事