コアサーバーでWordPressブログを作る方法

公開:

この記事は以前に公開していた「コアサーバーの使い方(https://cs.taken.jp)」というWordPressサイトを開設した際の記事の転載です。記事で書かれている一部の内容は現在の状況とは異なっています。

いまご覧いただいているサイト自体がコアサーバー上にあってWordPressで作っています。この記事は、このサイトの作り方で説明する「コアサーバーでWordPressをインストールする方法」です。

ドメイン取得からWordPressインストールまでは下図の手順で進みます。

ドメイン取得からWordPressインストールまでの手順

このサイトのドメイン(cs.taken.jp)は、所有していた独自ドメインを利用してサブドメインを作ったので、この記事では、上図にある「コアサーバーのドメイン設定」から説明が始まります。

独自ドメインを取得してサーバーを指定する方法については、独自ドメインの取得とコアサーバーへの登録を参考にしてください。

コアサーバーのコントロールパネルへ

コアサーバーの管理・購入のページから、「新コントロールパネル」をクリックして、コアサーバーのコントロールパネル(管理ページ)へ入ります。

バリュードメインのコアサーバーページ

バリュードメインを経由しなくても、直接コアサーバーにログインしても構いません。

ドメイン設定

ドメイン設定では、コアサーバーに登録されているドメインすべてを見ることができます。

画面右上に現在ログインしているサーバーとアカウントが表示され、右上隅の▼からログアウトがおこなえます。

独自ドメイン1つとそのサブドメインで運用

この記事で実際のコントロールパネル内を公開していますが、ユーザーアカウントのみ非公開(黒塗り)で、見えているメールアドレスとパスワードはニセモノです。

現在、独自ドメインは1つで、他はすべてサブドメインでの運用にしています。ウェブサイトを何個作ってもドメイン代は1個分でいいので安上がりで済みます。

初めに、コアサーバーを利用するドメインを登録する必要があるので、「ドメイン設定の新規作成」をクリックします。

サブドメインの場合は、「ドメイン設定の新規作成」を行うことでサブドメインの作成と登録が同時に完了します。サブドメイン名は「任意の文字列.独自ドメイン」で自由に作ることができます。

今回は「コアサーバーの使い方(のサイト)」用に cs.taken.jp というサブドメインを作ろうと思っています。

「ドメイン名(FQDN)」に設定したい(新しく作りたい)サブドメイン名を入力して、ドメイン設定を新規作成するをクリックします。

半角英数字で入力

コアサーバーを利用するドメインを登録

これでサブドメインの作成が済み、コアサーバーへの登録も完了しました。新しく設定したサブドメインは、ドメイン一覧に表示されるようになります。

ドメインの登録完了

次は、登録したドメインでウェブサイトを作るために、サイト設定をおこないます。

サイト設定

サイト設定の新規作成」をクリックします。

サイト設定の新規作成

「ドメイン名」のプルダウンメニューから先ほど登録したサブドメインを選びます。

プルダウンメニューの項目には、ドメイン設定が済んでいてまだサイト設定がされていないドメインのみが表示されます。

ドメインはプルダウンメニューで選びます

サイト設定の詳細

SSLは「無料SSL」、PHPは「一番大きな数字のもの」を選びましょう。

すべて選択したら、「サイト設定を新規設定する」をクリックします。

サイト設定の完了で、ウェブサイト用にデータを置いておくためのディレクトリが作成され、そこにWordPressやウェブサイトのためのデータを設置することになります。

データベースの準備

WordPress を動かすには、MySQL データベースが必要です。WordPress のインストール前に MySQLを準備しておくのがいいでしょう。

MySQLデータベースの新規作成

データベースのページで MySQL の「データベースの新規作成」をクリックします。

DB名(データベース名)とパスワードを任意入力して、「データベースを新規作成する」をクリック。

データベースの新規作成

WordPressのインストール

サイト設定へ戻ります。

サイト設定の該当サブドメインをクリックして、サイト設定の最下段にあるツール > CMSインストール の WordPress をクリックします。

WordPressのインストール

インストールするサイトを確認して、CMSインストールをクリック。

プルダウンメニューからドメインを選ぶと、自動的にインストールパスにディレクトリ名(ドメイン名がディレクトリ名になっています)が書き込まれます。

WordPressのインストール

インストール(ディレクトリにWordPressの関連ファイルが設置されます)に掛かる5分以上待ってから、サイトのトップページへアクセスします。

サイト設定のドメイン名の文字列最後にあるアイコンからもサイトを開くことができます。

サイトを開くリンク

WordPressの設定

ここからサブドメインにインストールしたWordPressの設定が始まります。さあ、始めましょう!

WordPressの設定

データベースのページで、WordPressの設定に必要な「DB接続情報」を確認します。

DB接続情報へのリンク

3ヶ所をコピペで入力して送信をクリック。他の2ヶ所はそのままで大丈夫です。

DB接続情報の入力

サイトのタイトルなどを入力します。

サイトタイトル等の入力

メールアドレスはパスワードがわからなくなったときに再設定に使うので必ず受け取れるものを入力してください。

間違ったメールアドレスを入力した場合には、WordPressブログ作成完了時にもメールが届き、そこからパスワードのリセットもできるので、自分以外のところに届くメールアドレスだとサイトが乗っ取られます!

「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェック✓を入れると、Google検索などで検索されないようになります。私自身はある程度サイトができあがるまではインデックスされないようにしています。

なお、上記で設定した内容は、WordPressにログインしてから変更することも可能です。

WordPressのインストールが終わったら、ログイン画面が開きます。

WordPressのログイン画面

ログインすると、WordPressの投稿画面が開きます。

WordPressのダッシュボード画面

以上で、サブドメインの作成・設定とWordPressのインストールが完了しました。

関連記事