403 Forbiddenと表示されてWordPressにログインできないときの対処法

公開:

海外にいるときにWordPressブログを見ることはできるが、ログインできなくなり「403 Forbidden」と表示される原因は、レンタルサーバーの設定で海外からのログインを禁止しているためです。

「403 Forbidden」表示

海外からのログインを禁止しているのは、コアサーバーの利用は国内在住が条件となっているため、通常のログインは国内からおこなわれることと、不正ログインを試みるのが圧倒的に海外からのアクセスが多いからであると思われます。

なお、アクセスを禁じられているのはログインページだけなので、普通にブログを閲覧するには支障ありません。

海外からWordPressにログインする方法

ログイン制限を解除する

ログインページにアクセスするためのもっとも簡単な方法は、ログインするときだけレンタルサーバーの管理ページから海外IPのログイン制限を解除することです。ログアウト後に設定を戻すのをお忘れなく。

サイト設定の「ツール/セキュリティ」

「ツール/セキュリティ」ページ

VPNを使う

VPNサービスを使って日本国内のVPNサーバーを利用すれば、WordPressへログイン接続は国内からのアクセスとなるので、海外IPのログイン制限をそのままにしてログインすることができます。

しかも、VPNを使えばデータ盗聴の危険性のある公衆 Wi-Fi からでも安全にアクセスすることも可能です。

VPNサービスの種類

VPNサービスは有料ソフトウエアのほかに無料で使える実験的なVPNネットワークや、アプリ内広告がある代わりに無償になっているものもあります。

無償で使えるVPNとしては、VPN Gate 筑波大学による公開 VPN 中継サーバープロジェクトが有名です。

どのVPNサービスでもすべて安全とは限りません! WordPressへのログインはもちろんのこと、メールの送受信や銀行取引などでパスワード送信などをおこなう場合は、安全かどうかわからないVPNサービスを使うことは控えましょう。

VPNサービスの安全性をいかに判断するのかはむつかしいですが、アンチウィルスソフトウエアなどを開発しているインターネットのセキュリティ企業なら、名もなきサービスよりは信頼性は高いと思われます。

セキュリティ企業のVPNアプリ:

  • ノートン Wi-Fi プライバシー
  • カスペルスキー セキュアコネクション
  • アバスト セキュアラインVPN

個人的にはノートン、カスペルスキーは使ってみて問題ありませんでした。1年ごとに試して使っているのでアバストは次年度に導入予定です。

仮にどこかのサイト等で【おすすめ】【イチオシ】されていたとしても、なんだかよくわからない会社のVPNサービスはやめておくのが無難です。安全な通信のために使うVPNサービスは信頼性重視で選びましょう!

関連記事