無料SSL設定後にプライバシーエラーでサイトが表示されない

公開:

コアサーバー提供のドメインを利用したサブドメインを作り、無料SSLを設定したときに、プライバシーエラー警告がでてサイトが表示されないことがあり、サポートに問い合わせをおこないました。

この接続ではプライバシーが保護されません

「この接続ではプライバシーが保護されません」表示

アドレスバーからSSL証明書を確認すると、無料SSLの Let’s Encrypt でなくて、AlphaSSL の *.coreserver.jp 用の証明書がインストールされているため、SSL証明書が無効になっていた。

SSL証明書の確認 SSL証明書の確認

SSL証明書のインストールが失敗していることと、正しくLet’s Encrypt をインストールする方法をサポートに問い合わせました。

「***.coresv.com」に対する無料SSLの設定が、規定数を超過しておりましたため、正常に「zz.coresv.com」の無料SSL化が行われなかった状態でございます。(サポートからの回答)

解決策としては、「数日ほど時間を空けて再度試してほしい」とのことで、つまり規定数を下回らないと設定はできないみたいです。

他の提供ドメインでは無料SSLの設定に失敗したことがなく、coresv.com ドメインはサブドメイン設定のプルダウンメニューの一番先頭に出てくるために使われる件数がとくに多いのではないかと想像します。

サブドメイン選択のプルダウンメニュー

プルダウンメニューのリスト

結局、coresv.com ドメインは数日経っても SSL化に失敗し続けているので、コアサーバー提供のドメインで SSL化したいのなら、プルダウンメニューの初めの方にでてくるドメインは避けるのが無難なようです。

関連記事