コアサーバー提供のドメインでサブドメインを作る

公開:

コアサーバーが提供しているドメインでサブドメインを作ってサイトを公開することができます。

利用できるドメインは以下の通りで、サブドメインのアカウント名は 2〜20文字、ひとつのサーバーアカウントあたり10個までのサブドメインが使えます。

coresv.com / coresv.net / bex.jp / geo.jp / awe.jp / gob.jp / ebb.jp / bulog.jp / weblog.am / weblog.tc / weblog.vc / sphere.sc / cms.am

なお、所有されている独自ドメインでのサブドメインを作成したいときは、当サイトの記事「コアサーバーでのサブドメインの作り方」を参考にしてください。

設定手順

バリュードメインのコアサーバーの管理と購入ページから新コントロールパネルへ進むか、直接コアサーバーの管理サイトへログインします。

バリュードメインのコアサーバー管理ページ

サブドメインの作成はドメイン設定 > ドメイン設定の新規作成をクリック。

ドメイン設定の新規作成

ドメイン名の入力欄下にある「サブドメインを使う」をクリックします。

サブドメインを使う

サブドメイン名を入力して、ドメインを選びましょう。

サブドメイン名を入力

サブドメイン名のところに✓マークがつくのは「入力されている」という確認で、このサブドメイン名が取得可能かは「ドメイン設定を新規作成する」をクリックしてみないとわかりません……。

ドメイン設定を新規作成

すでに登録されているサブドメインは取得不可なので、「新規作成に失敗しました」と表示されます。

右上の × をクリックして、ウインドウを閉じると元の画面に戻るので、サブドメイン名を変更するか、ドメイン名を選択しなおして再度作成しましょう。

サブドメインの作成が完了すると、ドメイン一覧に表示されます。

ドメイン一覧に表示

ここまでで、コアサーバーで利用するサブドメインの登録ができました。次は、サイトを開設するためのサイトスペース(サイト用のディレクトリ)を作るために、サイト設定をおこないます。

サイト設定で「サイト設定の新規作成」をクリックします。

サイト設定の新規作成

ドメイン名に「サイトを開設するサブドメイン」を選びましょう。

サブドメインを選択

ここでは転送設定、同期設定、SSL、PHPのバージョンが選べます。あとからでも変更することもできます。

無料SSLを設定しましょう。

サイト設定が済めばサイト一覧に表示されます。

設定完了後のサイト一覧

サイト設定が済むとサイト開設用のディレクトリが作成されます。以下は、コアサーバーのファイルマネージャー(net2ftp)の画面です。

ファイルマネージャーの画面

作成したサブドメイン(のディレクトリ)にWordPressをインストールすれば、WordPressブログを開設することができます。

関連記事